トリキュラーをはじめとするピル第2世代が人気の理由

ピルには本来、卵胞ホルモンと黄体ホルモンという二つのホルモン剤が使用されています。その服用期間を調節していくことで計画的に排卵を止めていくことができるので、避妊目的の女性には欠かせないアイテムとなっています。
一般的にピルは、先に述べた成分内容、黄体ホルモンの種類によってその世代が変わってきます。世代は全部で4種類があり、中でもとりわけ支持を受けているのがトリキュラーをはじめとする第2世代のピルです。トリキュラーなどの第2世代に使用されている黄体ホルモン剤は、レボノルゲストレルというものです。この成分は非常に強力で、そのまま服用すると強い男性化症状が出てしまうことがあります。それをうまくカバーしているのが、トリキュラーなどの第2世代のピルなのです。ピルの服用の際に2相性、3相性の形を取り入れて段階的にその量を調節していきます。このひと手間によって副作用を最小限に抑えたピル、よりその効果を得やすいピルを実現しているわけです。
これこそが第2世代のピルが多くの女性に支持されている理由です。
副作用のリスクを最小限に抑えているのに、得られる効果は非常に優れている、そうなれば自然とリピーターも多くなっていくのです。
さらに、トリキュラーの人気の理由にはその価格面でのメリットも挙げられます。基本的に日本では法律の関係でトリキュラーを購入するために医師の診察、処方は必須です。ですが、中には個人輸入という形で日本で売り出されているものと成分がほぼ同じのトリキュラー商品を購入する人もいます。この方法であれば医師の診察を受け、1シートあたり数千円で購入していたものも、ほんの数百円程度の金額で手に入れることができるというわけです。