毎日錠剤を服用、トリキュラーの使い方

トリキュラーは経口避妊薬です。低用量で、なるべく副作用が出ないよう成分を抑えてありますが、正しい使い方を守る事で、避妊効果を高める事ができます。また、避妊以外にも、女性ホルモンを補う効果があるため、生理不順や重い生理痛に悩んでいる人に効果があります。さらに、子宮疾患の予防にも使用されています。
トリキュラーには2種類あり、錠剤が21個包装されているタイプと、28個包装されているタイプがあります。21個のタイプは、生理期間中に薬を飲むのを一時的に止めるもので、28個のタイプは、生理期間中は薬の成分が入っていない偽薬を飲むというものです。この2種類の効果に違いはありません。あまり錠剤を飲みたくない場合は21個タイプを、飲み忘れが心配な場合は28個タイプを選ぶと良いでしょう。
初めて薬を服用する場合は、生理の1日目に「1」と数字が降られている錠剤から飲み始めます。その後は1日1錠、シートに記載されている順番通りに服用していきます。錠剤の成分は、日付によって異なる成分です。正しく飲まないと効果が出ないので注意です。
トリキュラーの使い方で気をつけたいのは、薬を飲む時間帯をあらかじめ決めておくという事です。同じ時間帯に薬を飲んでいる方が、効果が高くなります。また、薬を飲む事が習慣化するので、飲み忘れを防ぐ事もできます。
また、他にも服用している薬がある場合は、お互いの薬の効果に影響を及ぼしてしまう可能性があります。思わぬ危険を引き起こす可能性があるので、事前に意思に確認をしてから、薬の服用を開始するようにしましょう。
使い方を間違わなければ、トリキュラーは生活をサポートしてくれる薬になります。正しい使用方法を心がけましょう。